夏らしく妖怪づけ

今日、ぬ〜べ〜の1〜10巻を返しに行って11〜20巻を借りてきました。
そしてさっき読了いたしました。
ゆきめが死んで生き返って、おやじが出てきて死んで、なんだか激動の10巻でしたねぇ。
ゆきめが死んじゃうってのは小耳にはさんでたのですが、生き返るとは思わなかったよ!
心のどこかでそうなるって願ってはいたけど、まさかホントにそうなるとは。


ホントにキャラの関係性とか全然知らなかったんだなーって思います。
ぬ〜べ〜がゆきめのことをちゃんと好きになるって知らなかった。
律子先生の告白を振り切って、ゆきめを好きだと言い切るなんていう超熱い展開があったとは。
皮肉にもそれがゆきめが死ぬ回なわけですが。


じゃあゆきめは立派なメインヒロインじゃないですか!
なんだ心配して損した。そりゃEDも作られるよね。(どんだけSPIRIT好きなの)
いや待てよ、あとまだ11巻分くらい残ってんだよね。
1話完結物のくせにキャラの立ち位置や心情がここまで大きく動く漫画も珍しいし……
こりゃゆきめもう1回くらい殺されるんじゃ。


色々検索したくてしょうがないけど、確実にネタバレるからできない。
あーもどかしい!